ガンに備える保険に入る

保険で成人病に備える

三大成人病に強くなる保険

ガン、心臓疾患、脳血管疾患の3つを三大成人病といいますが、日本人の10人に6人はこのいずれかの病にかかり死亡しています。健康で長生きし三大成人病にかからないことが一番大切です。この三大成人病のなkでも3割をも占めるのが「ガン」です。健康診断や人間ドックをしていたのに、ある日突然ガンだと告げられたというケースもたくさんあります。現実には発見することも難しく、発見したときにはすでに手遅れという話もよくあります。こまめな検診も重要ですが、ガン保険などでもしもに備えておくべきでしょう。民間医療保険は、現在にあった内容で充実しているものも多いです。

ガンから守るために誕生した

様々な病気のなかでもガンで亡くなる日本人が多いことから、ガンの治療に向けた入院や手術に当てるため、給付金を支給する「ガン保険」が民間医療保険として、今から30年ほど前に誕生しました。現代社会のストレスや飲酒、喫煙などが原因といわれるガンはこれからも増えるといわれています。ガンの治療は、抗癌剤治療を根気強くやっていく必要性がありますが、その分の治療費もかなりかかります。治療のために仕事はできなくなり、貯蓄や収入が乏しく保険にも入っていない状況では、がんの治療を続けることは困難です。今から備えておきましょう。

新着情報

2016-11-22 自動車保険にこだわりが追加されました。
2015-03-17 保険相談で補償を確認が追加されました。
2013-01-18 がん保険で備えようが追加されました。
2013-01-11 医療保険の終身タイプが追加されました。
2012-12-26 ガン保険の保証内容が追加されました。

ガンに保険で備える情報