医療保険との違いについて

ガンを医療保険で

トップ >> 医療保険との違いについて

医療保険にプラスする

医療保険は、病気や怪我など入院や手術による支出に備えて加入するものです。一般的には病気の種類や診断の内容、手術の有無などにより受け取れる給付金の金額は異なります。またこれにともなって入院となれば、入院給付金が受け取れます。これに加えガン保険は、原則としてガンのみを対象としています。入院・手術だけではなく、診断や入院も保障し、入院給付金には支払限度日数がありません。近年では保障もぐっと充実し、最新の先進技術での高額な治療にも対応してるものが増えています。先進医療については国の保障はなく、基本全額自己負担になるので、民間のものに加入していなければ受けることが難しいこともあるでしょう。

保障期間は終身が基本

ガンは年齢を重ねるごとにリスクが高くなるものです。保証期間は終身が基本です。ただ、毎月の支払いが大変な子供などが成人するまでの時期は、10年更新で更新ごとに調整していくのもいいでしょう。以前までは医療保障とガンは別々の扱いでしたが、最近では一体型のものも出てきており手続きや保障内容なども簡単で充実しています。国立がん研究センターのデータを元に幅広くではなく、リスクが一番高いところに標準を絞り、そこの保障を厚くしています。国内未認証の抗癌剤治療は健康保険が適応されず自由診療で受けることになるので、民間の保険に加入する方がほとんどです。

ガンに保険で備える情報