ガン保険の選び方を考える

治療費を保険で補う

トップ >> ガン保険の選び方を考える

治療費と治療方法を知る

ガン保険に加入の際、どのくらいの保障が出るようにしておけばいいのかですが、高額な保険料を支払うのはなかなか困難なことです。では、実際に入院した場合に、どのくらいのお金が必要になるのか知ることが大切です。胃がんは、平均30日弱の入院で窓口での支払総額は32万円ほど。大腸がんは、20日ほどの入院で25万円。直腸がんも20日くらいの入院で28万円くらいが必要です。女性特有の乳がんは、15日くらいの入院期間で20万円くらいかかります。他に高額なものでは、白血病です。入院期間も長く平均50日以上、1100万円以上かかるようです。このことも踏まえ、保障内容が見合うものを選択する必要があるでしょう。

手術給付金のある保険を

ガンの特徴として、ほとんどの場合において手術が伴うということです。実際のデータでもガンと診断された方の半数以上が手術を実施しています。また、手術をすれば入院が伴い、退院後の通院。また、手術が不要とされた場合には、通院での治療が必要となるでしょう。通院費もかなり工学で健康保険3割負担でも1日あたり5千円~7千円の通院費が必要とされています。長期治療となるとかなりの金額が予想されます。現状が分かったところでどのようなプランに加入すればいいのか?代理店やサイトで詳細を相談した上でピッタリ合う保険を選択するのが一番でしょう。

ガンに保険で備える情報